カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

浮世絵、東海道五拾三次 05保土ヶ谷(新町橋)

安東広重の「東海道五拾三次之内」保永堂板の【05保土ヶ谷(新町橋)】の浮世絵をレーザー彫刻しました。お部屋のインテリアとしていかがでしょうか。サイズ:彫刻はA4サイズ 額縁:金消し額縁  箱:箱は有りません。

浮世絵、東海道五拾三次 05保土ヶ谷(新町橋)

価格:

15,000円 (税込)

額縁の選択:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

この絵の副題は新町橋である。保土ヶ谷は新町ともいい、その中にあった橋を新町橋といった。広重はこの橋を前景において、神戸町、岩間町、保土ヶ谷町へと続く宿場町を描いている。橋を渡って行くのは、深編み笠をかぶり、袋に入れた尺八を腰に差した虚無僧(こむそう)と、2本差しの家来に付き添われて駕籠(かご)で行く武士である。その後を茶弁当を天秤(てんびん)の両端にかけた両掛けを担ぐ用人が従っている。

05保土ヶ谷(新町橋) サイズ:彫刻はA4サイズ 額縁:茶色木枠額縁