カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

浮世絵、東海道五拾三次 13沼津(黄昏図(たそがれず))

安東広重の「東海道五拾三次之内」保永堂板の【13沼津(黄昏図(たそがれず))】の浮世絵をレーザー彫刻しました。お部屋のインテリアとしていかがでしょうか。サイズ:彫刻はA4サイズ 額縁:金消し額縁  箱:箱は有りません。

浮世絵、東海道五拾三次 13沼津(黄昏図(たそがれず))

価格:

15,000円 (税込)

額縁の選択:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

黄昏時に、昇ったばかりの月に照らされた狩野川沿いの東海道を、沼津宿へと疲れた足を運ぶ旅人の姿を描いた絵である。榎並木の東海道を一人で行くのは金比羅参りである。いい伝えによると、像頭山(ぞうずさん)の天狗を金比羅坊といい、これに祈ると霊験あらたかというので、金比羅参りには天狗の面を背負って行くのが約束事になっていた。その装束は、じゅばんから股引、手甲、脚絆(きゃはん)、足袋に至るまで、すべて白づくめであった。その前を行くのは熊野三山に詣でて修行する熊野比丘尼とその弟子である。

13沼津(黄昏図)サイズ:彫刻はA4サイズ 額縁:茶色木枠額縁